カスタム検索

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懸賞生活!

  • 2007/09/16(日) 03:14:23

こんばんは!風雲児です。

今回は懸賞について考えてみたいと思います。
ネットが普及してから、懸賞は非常に身近なものになりました。
今までは、FAX、葉書などで応募するのが一般的でしたが、今では、ケータイ、パソコンでいつでもどこでも24時間365日懸賞に応募する事ができます。
Yahoo、楽天などポイント制度を持っているところは、ポイントプレゼントもありますね。
でも大体は、賞品ということになります。

賞品も多岐にわたり、定番の食品、現金、家電、旅行券から車、権利まで様々です。
自分が欲しいと思っているモノは、色々な懸賞サイトからピンポイントで探し、固めて応募するほうが良いです。
発表日、発表メールの有無は事前に調べて一覧にしておきましょう!
その際にはグーグルカレンダーが便利です。
応募はg-mail、管理はカレンダー
このコンボは最強です。

よくあるのが、発表メールがゴミ箱に送られていたり、迷惑メールのアドレスに入っていたり・・・
いっぺんにいっぱい応募してしまうと、メルマガ地獄に落ちますので、そこら辺はフィルター機能を使うなどして工夫して管理しましょう。

本当に当たるのか?
届くのか?
そう疑問に思う人も多いことでしょう。
ネット懸賞の場合は、冒頭でも述べましたが、24時間365日 常に応募できるのだから、競争率が高いこともうなずけます。
逆に、FAXや葉書を使った従来の応募の方が当たる確立は高いかもしれません。
応募総数に差がある、なしにかかわらず、結局のところ運です。
応募しなければ当たらないので、どんどん応募しましょう!

↓↓↓↓大手がやっている懸賞サイトをpick upしました。参考にどうぞ!↓↓↓↓
楽天懸賞市場


goo懸賞
http://present.goo.ne.jp/present/all/001.php

yahoo懸賞
http://present.yahoo.co.jp/

懸賞のツボ
http://www.tubox.com/

懸賞三昧
http://kzanmai.jp/

チャンスIT
http://www.chance.com/

EC NAVI
http://kensho.ecnavi.jp/

サイトのレイアウトなど色々ありますが、大手の所はこんなところです。
短期間で終了するものは結構ねらい目です。

スポンサーサイト

ネットショップで勝つ!第二講

  • 2007/09/09(日) 14:47:22

ネットショップで勝つ!
第二講

第一講では、ネットでお店をやることの利点を述べました。
今回はマインドについてお話してみようと思います。


パッション1

実店舗を持っていて、「やっぱりインターネットの時代だよな~」と感じているあなたは、ネットショップを開いてみようと考えています。
そこで、色々と資料を取り寄せて、セミナーにでたり、パソコンの勉強をしたりと努力しています。

念願かなってオープンまでこぎつけたあなたは、希望に満ち溢れています。
そこから重要になってくるのが、目線の高さ、つまり、目標をどこに置くかということになってきます。
はじめは10万~20万円/月に稼げればいいかと軽い気持ちで考えています。
実店舗の売り上げも月に50万~100万程度だし、ネットと併せて70万~120万稼げれば御の字だ。
初心者だからそのくらいではじめは良いのだ。
そういった気持ちになっています。

しかし、それではいけません。
ネットには今まで商売相手で無かった人が沢山潜在してます。
つまりは新規のお客さんが一杯いるのです。
また、近所の方もネットで買うかもしれません。
低い目標で、自分を制してはいけません。
断じていけません。
実店舗の売り上げよりも、ネットショップのほうが売り上げが高いお店も沢山あります。それだけ、顧客数に差があるのです。
地元の店舗で触れ合いを大切にしながらやったり、お客さんの生の声を集めることは良いことです。
しかし、そこにいるのは、あくまでも町の人口の数%です。そこを忘れてはいけません。


新規をしっかりと獲得する!
新規の顧客をしっかりと囲い込む!
この姿勢が重要となってきます。
顧客の数×客単価=売り上げなのです。
売り上げを上げるには…っと考えると、自ずから、答えもみえてくるでしょう。

客単価を上げるのは難しいことです。

それなら、ゼロだった顧客数をどんどん伸ばしていけば、売り上げも作れます。
顧客の囲い込みができて初めて、回転率や客単価を意識する段階にきます。
メルマガを配信したり、お問い合わせには迅速に、丁寧に答えることが信頼に繋がります。

メルマガの活用方法はそのうち解説するとして、兎に角、目標は高くもつというマインドを今回はしっかりと意識して下さい。

第二講まとめ
・常に高い目標を掲げ、本気でやれ!
・ネットショップでは顧客の囲い込みが重要。
・今、実店舗で相手にしている顧客は町の人口の数%であることをしっかりと意識する。
・相手にする顧客数はとても多いということを意識しろ!


ネットショップで勝つ!

  • 2007/09/09(日) 04:19:06

ネットショップで勝つ!
第一講~ネットショップを出そう~

最近ではネットショップも一般のお店同様に認知が進み、携帯やパソコンから簡単に通販できるようになりました。
また、自宅にいながらにして開業できるネットショップは色々な可能性を秘めています。
パソコン一台あれば、全世界とつながり取引ができるし、24時間、365日いつでも取引が可能です。
商業において、時間と空間の制約というものは大きなものです。実店舗であれば、立地がものをいいますし、在庫量、オペレーションの管理費用、店舗など様々なものがかかります。
お店は開いているだけで、見えないお金が常にかかっています。
しかし、ネットショップ場合、在庫保有数は表示しておけばいいし、店舗の運営資金はそれほどかかりません。
商売相手も実店舗よりも多い。

そんなネットショップですが、開業するにあたっていったいどこの企業を選べば良いのか?

自社か、楽天、yahoo、livedoorなど大手サイトに所属するか?
それとも、自社でWEBサイトを作り運用するか。

どちらが簡単かというと、前者である。
サイトの信頼度、ユーザーの規模、ポイントシステムなどのシステム料などを勘案すると、誰でも分かることではありますが、自前でもつと大変なものばかりです。
信頼ももれなくついてきます。
初めてビジネスを行うなら、ネットショップの開拓者である楽天が良いだろう。

なぜか?
日本のEC業界の中ではTOPに入るし、様々な企業と連携している(楽天トラベルなどグループ企業)。
楽天大学というノウハウ提供の場が確立している。
以上が理由である。

ヤフー、ラブドア、グーなどはそういったノウハウの提供がなされているのか不明です。(ただ単に知らないだけかもしれませんが…知っている方いらっしゃいましたら教えて下さい)

ネットショップを開業する上で、ノウハウの無さは致命的といえる。
綺麗なページだからといって必ずしも売れるわけではない。
変なページだからといって売れないわけではない。
そういったことを今後検討していきたいと思います。
勝てるネットショップとは何か?を考えていきます。


第一講のまとめ
・ネットショップはノウハウが大事!
・実店舗を持つよりも開業が簡単!
運転資金、店舗費、オペレーションにかかる費用、在庫の管理の手間、お金がかからないため。
・商売相手は24時間、365日、全世界
・システムなどは初めからあるので美味しいとこ取りで利用できる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。