カスタム検索

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天、出店企業に顧客情報という報道

  • 2009/06/07(日) 21:21:09

2009/6/5にこんなニュースが読売から出た。

楽天、出店企業に顧客情報…中止表明後も1件10円で

先日、マスクの報道で世間をにぎわせたばかりなのに、またこんな記事がでた。
火のない所に煙は立たないので、怪しい行為をしていたということはあったらしい。

ただ、楽天市場の主張をみてみると別段どうということはないらしい。
楽天からのお知らせ

今回はほかのニュースでも取り上げられていたが、楽天側の主張が正しいようだ。
楽天市場に出店している企業のうち、9店舗のみに適用している例外処置らしい。

一義的な見方は危ないという警鐘として受け止めたいニュースでありました。




スポンサーサイト

マスク狂走曲

  • 2009/05/23(土) 21:55:44

マスクが手に入らないと報道されてますが、ネットなら手に入ります。
オークションで10倍の値段をつけて購入するというようなことはやめましょう。

ただ、マスコミもマスクをいつしたほうがいいのか?というところであいまいな感じです。
感染者がするべき、そうでない人がするべきとわかれています。
どっちが本当なんですかね?

周りの人に移さないためにする配慮はもちろんですが、
予防のためにしてもいいのでは?と思います。
うがい、手洗いで6割程度は予防できるみたいです。
狙い目のマスクを探して見ました。
焦ることはないと思います。
配送時期、タイミングをしっかりと計算して購入しましょう。













5月25日出荷N95 マスク (個別包装)



空気感染と闘うマスク


即納!N95マスク 5枚セット


【即納】N95在庫あり!防護マスク


土日も即発送♪本日入荷!3M社製N95マスク


【即納】WHO推薦規格FSC・F-99Eマスク
もっとマスクを探す。
風雲児の視点ショッピング

マスクも大事ですが、専門家の意見では、手洗いとうがいの徹底というところが最も重要とのことでした。
除菌系の商品も並べてみました。








消毒除菌に銀イオン配合ウエットティッシュ 20枚入り



うがい薬フルーツミントピーチ



毎日の手洗いでウイルス・バイ菌をシャットアウト!

少しでも具合が悪いと感じたら、すぐに病院に行きましょう。
地域の病院紹介

話題のエコポイントは家電業界活性化の救世主となるか?

  • 2009/05/17(日) 16:40:07

エコポイント家電業界活性化の救世主となるのか!?というところで注目したいと思います。
エコポイントの制度を利用して、家電製品をお得にGETしようと考える人もいるはず!
これからの迎えるボーナス商戦は各家電メーカーも去年より遥かに冷え込むと予想していただけに、
このニュースはかなり救いになりそうな予感もありますね。
業績悪化でボーナスが出なくなる企業も多数あり、消費が本格的に冷え込む前にこのニュースが出たことは朗報と言える。
しかし、溜まったエコポイントをどのように使用できるのかに関してはまだ決まっていないため、今後の展開によっては、消費者の態度も変わってくるだろう。

全国共通の商品券にしてもらえると、2段構えの消費刺激策になるので、
経済への波及効果も大きいだろう。

気になるエコポイントの詳細だが、
エコポイント付与の対象となるのは、「2009年5月15日(金)以降に購入した対象家電製品」となっています。製品を購入する場合は、後日エコポイント付与の詳細が決まった段階で利用者自身が申請することでエコポイントを獲得できることになります。なお、申請の際に、購入を証明するものとして、以下のものが必要となるようです。エコポイントは申請しないとだめなようなので、下記の必要なものを覚えてしっかりととっておきましょう。

1)保証書(購入日、購入店が分かること)
2)領収書(購入日、購入店、購入製品、購入者名が分かること)
3)家電リサイクル券の排出者控え
※新たに対象家電製品を購入し、同種の古い家電をリサイクルした場合に限る。


エコポイントに関しての詳細はこちらから!
>>エコポイントって何?

こちらもご確認下さい>>
環境省のHP
※環境省が単独で推進しているエコ・アクション・ポイントモデル事業とは異なります
エコ・アクション・ポイント

紛らわしいですが、エコ・アクション・ポイントというものもあるようです。
こちらはエコ活動を対象にしてるらしく、ロゴマークも違います。
エコポイントは経済対策という側面が大きく、家電製品が対象です。


エコポイント対象商品はこちらから見れます!
(全体)

液晶テレビ

ソニー ブラビア
SONYのBRAVIA


ソニーのブラビアはしっかりとした色の表現力に定評がありますね

風雲児の視点のショッピング(液晶テレビ編)

冷蔵庫

冷蔵庫
送料無料!スタイリッシュな冷蔵庫


おしゃれな冷蔵庫もエコポイント対象でさらにお得!

風雲児の視点のショッピング(冷蔵庫編)

エアコン

パナソニック エアコン
パナソニックエアコン


ナノイー使用でお部屋を除菌・消臭!自動お掃除もついた省エネエアコンがお勧めです。

風雲児の視点のショッピング(エアコン編)

とはいえ、ネットで購入するときはメーカーのホームページで省エネポイント4であることは必ずチェックしたほうがよさそうです。上手にかしこく使って、激安でGETしましょう!!
楽天カードを使えばいつでもポイント2倍!イーグルスの調子もいいので、買った時が狙い目&金曜・土曜はポイント3倍なので、まとめて適用されてる時が狙い目!

今回はしっかりとした目的を持って財政出動しているので、納得感のある使い方だと個人的には思います。
発表の段階でポイントの交換用途、使用用途を明確化させられなかったのは、非常に痛いところです。なんだかんだで、環境を経済に織り込んで、持続可能な開発というところが実現されるのかもしれません。
なおさらアメリカが京都議定書に参画してないことが悔やまれます。

マクドナルド携帯クーポン利用率に関するリサーチ

  • 2009/05/16(土) 15:17:39

マクドナルドが外食産業で成長を続けて、一人勝ちのようだ。
他の企業は軒並み前年割れや縮小を繰り返す中、
成長を続けているのはすごいことだ。

マクドナルド携帯クーポン利用率は97%と圧倒的、しかし高付加価値バーガーのリピート率は?

モスバーガーも携帯クーポンを配布しているが、やはり一日の長があるマクドナルドには勝てない。

この調査ではいわゆるプレミアムバーガーと呼ばれているものの調査もされていて、
そこではマクドナルドのクウォーター・パウンダーがダントツで食べたことのあるバーガーとなっていたが、リピートしたいかという問いは低い結果におわった。

モスバーガーはあまり食べられてはいないが、リピート支持率が高い。
付加価値・ロイヤリティが高いということを証明している。

変遷の激しい外食産業で生き残るのは至難の業。
これからも新しいサービスが生まれ、消えていくでしょう。

そろそろ再編もはじまるかもしれない。


楽天デリバリー
外食もいいけど出前もね!ポイントたまってお得に注文できる


楽天トラベル

楽天とアマゾンどっちでよく買い物します?

  • 2009/05/06(水) 23:21:42

先日こんな記事を見つけた。

楽天とAmazon、よく買い物するのはどっち?

お互いにいろいろと取り扱っているものではおそらく大差はないだろう。
楽天はさまざまの物販とサービスを提供しワンストップで済んでしまう。
金融・保険・物販・娯楽などすべてがある。
対するアマゾンはすべてそろっているというわけではないが、
物販では使いやすいサービスを提供している。

日本VSアメリカの構図になっているようにも感じるところはある。

商店街VS大型のスーパー

一昔前に起きた抗争がネットの世界で再び繰り返されようとしている様な気がする。

ここで両者の強みを見てみよう。
アマゾンはアマゾンプライムなど同じ拠点から一括配送するという強みを生かしたサービスが売りだ。
1500円で送料無料というところも大きな強みだろう。
本やCDの分野では圧倒的な強さを発揮している。

楽天は地方の特産物から型番商品まで多くの品揃えがあること、ポイントサービスの充実、
地方にフォーカスを当てたものなどに代表される企画の多さ、会員プログラム、
ワンストップでさまざなことができる、つまり、旅行用品を購入し、旅行の手続きをして、
カードで引き落としてという一連の流れがすべて一社で済み、
そしてポイントがすべて共通で使用できるというところが強みだろう。

両者ともにいいところは多い。
ユーザーの声はどうだろうか?


楽天とAmazon、よく買い物するのはどっち?
こちらに寄せられてた声としては、アマゾンはユーザービリティが良い、送料が安いなどだ。
一方で楽天は、メールがうざい、店舗によってサービスが異なる、ポイントをうまく使えば安く購入できるなどの声が寄せられていた。

楽天はあくまでも商店つまり中小企業の集まりであることを忘れてはいけない。
日本の小売業の源泉というべき中小の小売が集まってサービスを形成しているのだ。
日本を元気にするというスローガンを掲げているのは楽天である。
アマゾンにはそういったことはなく、淡々と物を販売する自動販売機のようなシステムだ。

日本経済を本当に考えるのであれば、楽天を使うべきだと私は思う。
自分が育ってきた環境には少なくとも商店街があったはずだ。
ここ10年くらいで大手のスーパーが台頭し、コンビニができ、生活スタイルも大きく変化した。
その変化に対抗しきれないところ、もしくは高齢で跡取りがいない商店街はシャッター通りとなっている。
そんな折に光をあててくれるエポックメイキングなネット通販が登場し、そういった店を畳もうと考えている人々が救われているのも事実だ。

自由競争の中でどちらがいいか?というところには結論が出せないが、ある種の完成型と発展途上のところならどちらを使うか?そういったところで考えられるのではないだろうか。

日本をどうにかしたいという思いがある方は楽天を使うべきだろう。
お得に購入したいなら、どちらか安いほうで買い物したらいい。

ビジネスモデルとしてはある程度完成しているように思うが、
サービス内容はまだまだ発展途上中なので今後はさらに使いがってが良くなることに期待をしている。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。